プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

 今後、食材の仕入情報や酒類の入荷情報等、どんどん配信していきます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2010年10月24日 (日)

生しらす丼(田中君のまかない)


写真の生シラス丼ぶりはもともとアルバイトの田中君のまかないをteitter(ツイッター)で紹介した所、大きな反響があり、賄いからメニューになった商品です


もともと垂水では生シラス(ちりめん)は昔からとり続けていたお魚です。

正確にはカタクチイワシの稚魚の事です


私、主人も垂水で育った人間ですが、口にした事がありませんでしたが・・・


生でしらすが食べれるのは湘南、鎌倉等ではよく聞きますが、他では皆無に等しい位無いみたいです

インターネットで検索しても 特に関西ではほとんど無く、和歌山で数件(釜揚げ) 広島で1件(冷凍?)愛媛で数件 九州で1件 きっと他にもあるのでしょうが、(あったらゴメンなさい)ほとんど無い状態みたいです

特に生で食べさせるお店は?

と言うと皆無に等しい状態です。


実際にくやすけで取り扱って見ると、痛みは格段に早く時間を追うごとに痛んでいく

そんな印象です

当店では特別な冷蔵庫を使用しておりますので、通常のお店よりはお魚の鮮度を落とさずに保存する事が出来ますが、それでもせいぜい2日ぐらいな所です


だからなのでしょうか?

お味はと言うと、なんとも言えない味です(説明になってない)

真ん中に卵の黄身がありますが、コレがあるのと無いのとではまったく味が違います。

そこに当店独自の合わせ醤油をかけて召し上がって頂きます(通常の醤油ではどうも美味しさが引き出せないのです。色々試したのですが?)


うまく説明できなくてゴメンなさい


これぞ地産地消なのではないのでしょうか?


是非皆様に召し上がって頂きたい1品です

2010年10月 4日 (月)

早くも忘年会のご予約を・・・・・

残念です
本日1本のお電話がありまして

内容は12月の忘年会のご予約の件でした。

いつも通り予約帳を開くと、すでに席が埋まっていて予約がお取りする事が出来ない状態になっておりました。

お客様には丁重にお断りをさせて頂き、別の日をお勧めしました。
今時期ならば、それが出来ます。

特に人数の多い宴会の幹事様もしくはなるかも知れない方は今すぐお電話下さい

まずは皆様、問い合わせからです


有難いお話です。と、言ってもすべて埋まっている訳ではございません。

まだまだ空いてますが、昨年もたくさんのお客様をお断りをしたので、今年は何とかスムーズに入って頂ける様に早めのご予約をお願いするばかりです。


どうか皆様お早めのご予約をお願いします。

尚、当店で一番先のご予約を頂いているのは1年後です


酒肴屋くやすけ    078-709-0222



この写真の魚は「赤やがら」です
へんてこな形ですが、おいしいんです

今日も大間のマグロが入荷出来そうだったのですが、寝ている間に他の方に買われてしまいました。

今週は長崎県の五島列島のお魚がいっぱい入荷予定です

写真のヤガラは愛媛県八幡浜産です

2010年10月 1日 (金)

またもや高級食材が

青森から空輸されて来ました。


大間産の黒マグロが

黒いダイヤの称号を持つ本マグロ細かなサシが入っているので、どこを食べても脂が入っていて、それでいて・・・・・


むつかしい事はやめにして、とにかくうまいんです!

2010年9月16日 (木)

34キロの天然クエが入荷しました

やっと涼しくなったかと思っていたら、魚の入荷も大量になりました
まずは天然の本クエ 

こちらは 愛媛県八幡浜港で水揚げされた、34キロの本クエです。

水揚げは八幡浜なのですが、実際に獲れたのは鹿児島の沖合だそうです

産地は八幡浜になるんですけど


長さは軽く1メートルを超えております


まずは内臓から処理しているのですが、写真で口から出ている気持ち悪い物は胃袋です。
深海にいた為に急激に気圧が変わったので、体の中のものが出てくる現象でして、(あまり出て欲しくないのですが)目玉が出ているのも見ます

この胃袋を湯引きにしたところ、メチャメチャ美味しいんです。言葉に出来ない位・・・
食べた後に口の中が
「もっとくれ」
と言っています

他にエラ
通常 魚類でエラは捨てるものなのですが、クエは違います こちらも湯引きにしてみました。コリコリで美味しいです

皮はコラーゲンたぷっりでとろとろですここに一番旨みがあると言ってもいいかも・・・


まだ少し早いかもしれませんが、やっぱり お鍋が一番おいしいと思います。

是非この機会にお召し上がり下さい


2010年7月13日 (火)

地元産生ちりめん(シラス)

 垂水近辺でいかなごが獲れるのは皆様、ご存知だと思います。
季節も限られ、春のわずかな期間しか獲れません。
 
 実はちりめんも獲れるんですよ、あまり知られてないのですが、垂水でも水揚げされているんです。(ほとんど、そのままちりめんじゃこの加工場へ)

いかなごはくぎ煮にするので、皆さん昼位から並んで買う光景が垂水でもよく見られます。

でも 生のちりめんを買う為に並ぶ人はいません。
   
      だって売っていないから
 
「いかなご」も「ちりめんも」稚魚の為、鮮度が落ちるのも早く、すぐに加工しないと、商品にならなくなるためで、時間を置くとまず食べれません。


今回、くやすけでは 生のちりめんを定期的に入荷する事が出来る様になりました。

もちろん生でお刺身として召し上がって頂く為です。

新しいちりめんはおいしいですよ


今のところ 「お刺身」「釜揚げ」「くぎ煮」「かき揚げ」でお出ししております

あくまでも自然相手の漁ですので、入荷が無い日もございます


一度、食べてみてほしいなぁ


2010年3月 7日 (日)

twitter(ツイート、つぶやき)始めました

ぐるなびのトップページにtwitter(ツイート)が載ることになりました。
主人(あるじ)も何のことかさっぱり分からず、とりあえず調べてみました。

ブログよりは文字数の制限が140文字までの短い文章(つぶやき)を送信すると、フォロー(登録?)した人だけが、随時見る事が出来るみたいです。


ブログだと、しっかりパソコンの前に座ってしっかり?と文章を考えながら、入力しているので、どうしても回数が少なくなるのですが、tuwitterだとあまり文章も考えずに写真を撮って、少しの文章を添えるだけで、いいみたい(勝手にそう思ってます)なので、とりあえず登録してみました。

営業中でも差し支えなく送信できるみたいなので、こちらの方が正直、お伝えしやすい。と言うのが、正直な感想です。


多分、見られた方は内容が バラバラだなあという印象をお持ちだと思います(スイマセン)


見る事が出来るのは PC、携帯どちらからでも見る事が出来ます

参考までに
twitterとは?

http://www.greenspace.info/twitter/

twitter

http://twitter.com/home

登録して、是非 @kuyasuke  を見てみて下さい

ぐるなびトップページからでも入れると思います


その日の入荷状況や お店で栽培している野菜等をリアルタイムで報告しております

ちなみに前回、椎茸の自家栽培をお知らせするとありましたが、すべて売れてしまいました。 申し訳ございません

一番最初に収穫した椎茸です。ちなみにこの椎茸は主人(あるじ)と料理長の2人で味見(毒見?)して食べてしまいました。

感想は うまーい!

売っている椎茸と違って、みずみずしい椎茸でした。

焼いて食べたのですが、椎茸のうまみがぎゅっと詰まっていて、器の底にたまっていた汁も飲み干してしまいました。(通常は軽く干してから出荷しているので、そこまでみずみずしい椎茸は売ってないと思います)

先日、お客様に注文が通ってから採った椎茸(これで最後でした)をそのまま焼いてお出しした所、大絶賛でした。

残念ながら、第一回の収穫は終了いたしましたが、第二回に向け、頑張っております

只今、お野菜の水耕栽培も頑張っております(もちろん無農薬で)


twitterで随時、報告して参ります

是非、フォローしてほしいなぁ

2010年2月27日 (土)

いかなご

今日からイカナゴが解禁になりました

わたく、主人が子供の頃は弁当に毎日の様に入っていて、飽き飽きしていたのですが、今や高級魚?

地元の漁師さんは、皆さんイカナゴ漁に行ってしまうので、昼網のお魚がいっきに減ってしまうので、頭が痛い日が続きます

でも、頑張ります

2010年2月23日 (火)

自家栽培しいたけ

しいたけの栽培を初めました


もちろんお店で


何を言い出すか分からないと、自分でも思います


いろんな自家製商品を作って参りましたが、本当に安全でおいしい料理を作るには、どうしたらいいだろう?

「魚を育てるのには無理がある」
「肉類を育てるのはもっと無理がある」
「野菜だったら、出来るかも?」


 天然の野菜ってどれくらいあるのだろう? 当店の有機栽培のお野菜は自然の力を大いに借りているとはいえ、栽培農家の方が一生懸命に手を掛けて作っている

でも、野菜だったら、作れるのでは?

とても甘い考えなのは分かっています

とりあえず、実行あるのみです

まずは日の当たらない環境で湿気が多い方がいい作物

flair  しいたけ   flair

これなら、地下で育てられるのでは?


早速、初めてみました

すでに、しいたけが芽?(この表現があっているのかはわかりませんが)が出始めました

しいたけと言うよりは天然のしめじか、エリンギの様なものが生えてきました


もちろん農薬等は使っておりません

採れたてのしいたけをお客様に食べて頂ける日も近いかも

しいたけの生長の様子はこのブログで、報告致します


他にも野菜の水耕栽培をはじめようとしています

乞うご期待!sun

「お店で作った採れたてお野菜たちの無農薬サラダ」

こんな名前のメニューが並ぶのも、そんなに遠く無い様な気がします


2010年2月10日 (水)

ヒラ(魚の名前です)

淡路産の「ヒラ」と言うお魚です


主人は知らなかったのですが、岡山の方ではメジャーなお魚のようです

写真で見ると分かりにくいのですが、ぺったんこです


お刺身にすると、淡白なのに脂が乗っている感じでした。ウマイです

小骨が多いので、細造りで骨を断ち切って食べます


焼いて食べると、旨みがさらに濃く、大変気に入りました

一度、食べてみてほしいなぁ

2010年1月26日 (火)

20年の時間(とき)を経て

1984年 私、主人(あるじ)は何をしていたんだろう?
と、考えさせられるお酒が入荷して参りました。


 今から26年前のお酒と言う事になります


26年前と言うと・・・・・・?

と、なります

さすがに26年と言うと、私、主人(あるじ)は立派な未成年。

お酒のこと等、まったく分からない子供でした?


大石二十年酒

「ちょっと忘れてながーく熟成 洒落にならないこの旨さ」

と書いてあります(絶対忘れてなんかないやろー と、心の中で叫んだのは私だけなのでしょうか?)

シェリー樽とブランデー樽の焼酎(減圧)をブレンドしたものが
   「特別限定 大石」です
さらにその常圧酒を20年以上樽熟成したものが
   「大石20年酒」になります。

樽に20年も寝せておくと約4割が「天使の分け前」として蒸発してしまうとの事です。

「納得、高いはずです」
     酒肴屋くやすけ 主人談

自分が子供の頃に作られたお酒を大人になってから飲む
    ワクワクさせてくれるそんなお酒です

今、思い出しました、うちにも くやすけがオープンした年に漬け込んだ梅酒があるのを 40度クラスの焼酎やブランデーで漬け込んだ梅酒が・・・

まさに
    「くやすけ十年梅酒!」

今度、ちょっとだけ飲んで見ます

感想はまたこのブログでお伝えします


「大石二十年酒」一度、飲んでみてほしいなぁ


大石酒造さんのホームページ

    http://ohishi-shuzohjyo.jp/

酒肴屋くやすけ のサービス一覧

酒肴屋くやすけ